ブログ

『済州オルレ』食文化交流イベント

暦の上では春といえ、まだまだ厳しい寒い日が続いております今日この頃です。
記事の日付が前後しますが涙涙汗
2月12日~14日の3日間、韓国の『済州オルレ』の徐明淑(ソ・ミョンスク)理事長らが、『九州オルレ』の中で2つのコースを持っている上天草市を訪れ、両国の友好を深めました。
昨年6月に、天草四郎観光協会が済州島を訪問し、『済州オルレ』のコース周辺の住民に、上天草市特産のかまぼこなどの料理を伝えたことに対する返礼の意味で開かれました。
今回は、上天草市特産の唐辛子、「朱次郎」(あかじろう)を使ったキムチやチヂミなどの韓国料理を作って味わいました。(一部、済州聯合ニュースより抜粋)

■『済州オルレ』徐明淑(ソ・ミョンスク)理事長とツーショット

■『済州オルレ』ご一行様と、九州オルレのスペシャリスト ちょっと言い過ぎか・・・・・。    「天草四郎観光協会」の杉本次長とともに

上天草市のオルレコース《天草・維和島コース》《天草・松島コース》では、天草四郎観光協会のガイド付きオルレを行っております。
お申し込みは当館まで・・・・・。

『済州オルレ』(Jeju Olle) 韓国の代表的なウォーキングコース
  「オルレ」とは・・・・・ 済州の言葉で「通りから家の門に通じる狭い路地」という意味を持ってます。
済州では一般的に使われる馴染み深い言葉ですが、ウォーキングコースとして名付けられてからは、特に韓国全土でも有名になりました。
オルレの魅力は、海岸や民家・山などの済州の自然を身近に感じられるところにあります。

 ■九州観光推進機構 九州オルレページ 

上天草市モニターツアーご一行様

2月15日(土)~16日(日)の両日、観光庁の「観光資源磨きのモデル調査事業」の一環として、上天草市の主催にて、“バスで行く癒しの女子会プラン”~ドルフィンテラピーと地元食材を使った美食のおもてなし~モニターツアーが、開催され、福岡方面より約30名の女性に当館にご宿泊頂きました。
福岡を早朝出発し、宇城市三角町の『宮田農園』での地元食材を使ったパンやピザ作りや、野生のミナミバンドウイルカの生息地として知られる天草での『イルカウォッチング』 (今回は残念ながら前日までの荒天で・・・。見えませんでした。涙)
ホテルにチェックイン後、日本夕陽100選にも選ばれている上天草の夕陽を見学する『サンダウナーツアー』 、天草の豊富な海の幸や、天草梅肉ポークを使った豆乳鍋など、当館の夕食を堪能して頂きました。
夕食後は、講師をお招きし『満天星空セラピー講座』が開催されました。
翌朝、眠い目を擦りながら、希望者の方々と当館若女将と一緒に、 『朝のお散歩』と銘打って、名勝「千巌山」山頂での日の出見学を楽しみました。
当日のツアーの様子をアップさせて頂きます。
■ 『サンダウナーツアー』(夕焼けバス)の様子








■ 『満天星空セラピー講座』の様子






■ 『朝のお散歩』の様子












是非、このような体験ツアーに参加されたい方は、ご連絡お待ち申し上げております。
皆様方のお越しをスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

夕焼けバス 発車しまぁ~す。

今日は、2月11日(火)の建国記念日です。
少しずつですが、『陽が長くなってきているなぁ』晴れと感じる今日この頃です。
ちなみに熊本の今日の日没時間は、午後5時59分。
いよいよ明日からは、午後6時台の日没となります。
日没時間の45分前にフロントに集合頂き、本日も、夕焼けバス『出発進行~~~~~。バス













ご参加のお客様の画像を更新致しました。
またのご来島をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。